風水の方位は八方位

日常的に不便なく利用できる方位として、東、西、南、北、北西、南西、北東、東南の八方位です。
各エリアごとの角度は一般的には(というか日本では)東西南北は30度、北西、南西、北東、東南は60度とされています。
しかし均等に45度という流派もあります。
当サイトでは八方位全て30度。境界線の15度はあいまいゾーンとして北西、南西、北東、東南の弱められた意味が出るとしています。

風水の後天定位盤と年・月方位盤

人は生まれた時にもつ定位盤と年月によって変わる九星方位盤の両方を持っています。九星方位盤は年盤と月盤単位で変化します。当サイトは定位盤と九星方位年盤、月盤の意味をブレンドして吉凶を割り出します。日盤は致命的な影響がないことから考慮しません。
六白金星や五黄土星、暗剣殺や本命殺などの単語は使いません。吉凶の幸運度と暗示される意味の結果だけを表示します。
また見やすくするため北を上にしました。

風水の移動距離

日常生活の中で徒歩圏内は大極つまり中心となります。半径2キロより遠くへ移動することが(吉も凶も)効力を発揮します。

風水幸運の方位へ

おでかけ風水トップへ戻る